1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫売却に時間がかかると値下げをするべきなのか

売却に時間がかかると値下げをするべきなのか

夫名義で購入して新築から3年経った10F建ての5Fで最寄り駅より徒歩2分の2LDK新築マンションでした。足立区で荒川沿いの緑豊かな場所で、駅からのアクセスも車の道路状況なども申し分なく、夏は足立区の花火大会がリビングから鑑賞できたりと満足できる場所でしたが、東京拘置所が近かったというイメージ的にマイナス要素もありました。価格は2500万円でした。売却を検討した経緯は、離婚の為財産分与として検討しておりました。ローンは丸々残っていたのと、お互いに引っ越し費用が必要だったため、購入価格より上乗せした値段を希望しておりました。
何軒かの大手の不動産会社にて見積もりを出して2件ほどお願いしておりましたが、新築の為前例がないぶん価格設定が難しいとのことで価格は、こちらの言い値として3000万円で売却予定でした。不動産会社より広告やHPなどにマンションの広告を出していただいておりました。
旦那名義とはいえ、初期費用の頭金などは私の貯金も使っていたので、売却が進まないと離婚も進みませんでした。その間は旦那は賃貸に先に引っ越しをし、私は売却予定のマンションに住んでローンの支払いと旦那の賃貸費がかさんでしまっていたので、希望価格を落としてでも早めに売却を望んでいたので不動産会社には相談しておりました。
しかし、すぐに買い手も見つかるはずもなく、約半年が過ぎた頃、お互いに限界がきており、とりあえず売却まで賃貸運営も考えてましたが、そちらもなかなか値段的に折り合いが合わず、かなり苦戦していました。
旦那との話し合いの末、私が賃貸マンションに引っ越しをし、売却が決まるまで旦那のほうが売却予定のマンション住み、さらに1年が過ぎたころやっと2000万円でマンションの売却が決まりましたので約1年半かかりました。
購入価格よりも500万円低い価格となりましたが、お互い納得し、売却価格をすべてローンの返済に充てて残りのローンは旦那が持つことになり解決しました

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。