実家の処分はどうすればいいの?私の高く売れた方法を紹介

*

実家を処分したいけど、なるべく高く売りたい・・・

誰も住まなくなった実家を処分したい

両親が他界し、誰も住まなくなって空き家になっている実家をそろそろ

処分しようか悩んでいました。

処分といっても、いろんな方法があって

・誰かに賃貸として貸し出す

・解体して更地に戻して売る

・そのまま売る

1.賃貸として貸し出すには、すぐに処分ができない可能性があるし

大家さんとして管理していくのもメンドウくさい

2.解体するという選択肢は、解体費用がかかる(坪5万円ほど)とこんなに

高いお金は払っていられない

3.そのまま売ることを考える

長年住んでいた実家は処分できるのか?

築年数が20年を超えると資産価値がなくなる

と聞いたことがあるが、どうやら調べてみるとウソのようだ。

実家のように30年を超えていても、

不動産会社によっては、買い取ってくれるところもあるようだ。

20

不動産会社に売るときのポイント

実家を売るにあたり、まずすることと言えば

「不動産会社にいくらで売れるのか相談をすること」

なのだけど、

これにはポイントがある。

これを間違えると、せっかく高く売れるのに、安い値段で買い叩かれたりしてしまう。

 

そのポイントは

「1つの不動産会社だけに相談しないこと」だ。

できるだけ多くの不動産会社に

自分の実家はいくらで売れるのか聞く必要がある。

というのも、

不動産は、不動産会社によって値段が違うからである。

マンションを得意とする不動産会社もあれば、

戸建てを得意とする不動産会社もある。

それぞれ特性があるため、実家の特性にあった不動産会社を

見つけると高く売却できる。

不動産の一括査定を利用すると便利!

スマイスター

このような不動産の一括査定を利用することで、

大手の不動産会社と地元の不動産会社両方で見積りをとることができる。

つまり、「実家に最高値をつけてくれる不動産会社を見つけることができる」

このようなサービスを利用して、

実家を最高値で処分することを考えてほしい。

なぜ実家を処分する時に比較する必要があるのか?

実家を処分する際に、とにかくたくさんの不動産会社を比較するために、
「不動産一括査定サイト」がオススメなのだが、

なぜ比較する必要があるのだろうか?
比較する必要性は大きく3つある。

・値段
・選択肢
・競合

比較をすることにより、値段が吊り上がる。
というのも、1つの不動産会社にしか相談しない場合、
その不動産会社にはライバルがいないのだから、
もちろん「一番安い価格」で買取をしようとする。

その方が利益がたくさん残るからだ。

買い叩かれるのを承知ならば、1つの不動産会社に相談するといいが、
もし、高い値段で売却、処分をしたいのであれば、
絶対に複数の不動産会社を比較すべきである。

次に選択肢であるが、
1つの不動産会社にだけ相談していた場合、
その後の実家の使い道は1つしかない。

例えば【そのまま売却】
という選択肢、

これをもし、複数の不動産会社に相談した場合
・そのまま売却
・リフォームして売却
・ビルに建て替えて販売
・アパートにする
・シェアハウスにする

など、
不動産会社の数だけ選択肢が広がる
ということは、
そのまま売却だけでは、500万円しか出すことができない実家だったものが、

他の選択肢では1000万円で買取をしても、十分利益が残る計算になるかもしれない

こういったその次の選択肢を増やすことも不動産一括査定サイトを使うメリットである。

最後に競合であるが、
複数の不動産会社に相談をすると、
あなたの実家は「奪い合い」になる。
つまりオークションのように値段が上がっていくわけである。

これは1つの不動産会社に相談しているだけでは絶対にありえないことで、
値段を上げる手法の王道である。

このように実家を処分する際には、必ず複数の不動産会社に相談する必要がある
中でもインターネットを使った「不動産一括査定サイト」を利用することで、

大手の不動産会社も、地元の地域密着型の不動産会社も両方に査定を出すことができるため。
バランスのとれた選択肢により値段が高くなる傾向がある。

ぜひ一度利用してみてください。

公開日:
最終更新日:2016/06/19